« アルゼンチンアリ | トップページ | ライブ情報追加です。(岡崎) »

2005/09/04

カタック+シタール+タブラ ライブ告知

050921G_pici***
2005.9.21(水)
「北インド舞踊カタック ~ Kathak Dance + Khyal Music ~」
Miyabi 佐藤雅子(カタックダンス)
Kailash 吉田こうき(シタール)&サイトウ尚登(タブラ)

@スペースG
名古屋市千種区田代本通り2-8
(地下鉄東山線覚王山駅4番出口より徒歩8分)

19:00pm open 19:30 start
予約\2000 当日\2500

◇ご予約
sarega@nifty.com (吉田)
052-763-0826(ビーナトレーディング)

***

デリーにて9年半、カタックを習っていた佐藤さん。とても綺麗なカタックです。僕はしびれてしまいました。

Miyabi Kathak World
http://www.geocities.jp/miyabikathakworld/kathakdance.htm

是非是非お運び下さいませ。

|

« アルゼンチンアリ | トップページ | ライブ情報追加です。(岡崎) »

>>シタールライブ情報」カテゴリの記事

コメント

すぅっげー見たいよ、コレ。今まで名古屋でカタックライブってやっていなかった気がするし、今まで日本人のダンサーがそんなにいるなんて知らなかった。というのもネット上にあまり登場してないから情報がつかみづらい。ビバっ名古屋。うちの子まだお腹の中。そろそろ出てきてほしい。でも産んでもしばらくは向こうに習いに行けないから引き続き名古屋で教室が開かれて習えることを願います。9年半もデリーでカタックを習っていたなんてすごく羨ましいわ。

投稿: Shazia Ray | 2005/09/05 11:28

あんまりないですよね、カタック。佐藤さんも東京からお越し下さいます。
まだ娘さん出発してませんでしたか。でも今出てくると僕と同じ乙女座ですねぇ・・

投稿: | 2005/09/06 21:11

なんか濃イイblogになっているね。
能登でも公演をして欲しいと熱~い希望があったと伝えしましょうね。

コウキさんのお誕生日、shathiでお祝いしようと思っていたんだけどな。。

投稿: a | 2005/09/07 00:32

いきやしょう、ノト。行ったことないもの北陸。エチゼンくらげいるかなー・・
今年の誕生日は万博にて、総勢10数名でのステージです。伴奏なのですが、気持ちは、オレ様なわけです◎

投稿: | 2005/09/07 03:53

おいでおいで、能登においで。ちゅーか自分が暇だからーーー。
コウキさん、乙女座だったんだ。ゴメっなんかそんな感じ(^^)私は獅子座。そのまんま(^^;)。確かにシャンザも乙女座になりそうです。

ところでこのページをbelly dance fanというHPのBBSにカキコさせていただきましたー。管理人の梶田ママは私も所属しているオリエンタルダンスクラブのイベントなどでお世話になっているのですが、ヴィーナのHPにはカタックライブ情報が載っていないとのことで。オリエンタルダンスクラブはベリーダンスだけではなくオリエンタルダンス全般の情報を集めているのです。

投稿: Shazia Ray | 2005/09/07 10:06

うちの母曰く、乙女座は着る服に困らないそうです。今着ているTシャツは穴だらけなんですが、確かに困っていません(笑)。涼しいもの。

ライブ情報の告知ありがとうございます☆ありがたいです。こういった機会に愛知でもインド舞踊、ひいてはインド芸能が広く認知されると嬉しい限りです。
南アジアの舞踊や音楽が、フラメンコやジプシーの音楽の源流とも言われていますし、ペルシャを中心にこの地域の文化は相互に影響しあいながら洗練されてきた観があります。無関係ではない訳ですよね。

投稿: | 2005/09/08 04:37

こうき様。
’「好きなギャンブル」人生’ ですか。
地でいってますね。(笑)
 9日は、南澤さんのシタールと尚登さんのタブラと、
あみさんのカタックダンスに巡り会えて
happyなひとときでした。
カタックダンス、とても優雅ですね。
>Khyal Music  って、北インド音楽のこと?
>Kailash って、伴奏とかそういうこと?
気になりまして、つい…。
こちらでも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
インド音楽が、ますます楽しく広がりますように!

投稿: 空樹砂波 | 2005/09/15 07:47

ようそこ☆
khyalはDhurupadから16世紀頃派生したシタールなどに代表される、早いパッセージをも取り入れた音楽形式です。対するDhurupadはドゥルヴァー(一定の型に言葉をあてはめた唄の形)に使われる言葉、という意味で、4つの節からなっています。それぞれスターイー、アンタラ、サンチャーリ、アーボーグで、これらは実際khayalでも見られるものもあるのがややこしいところでもあります。神様への賛美をより強く込めた唄を基本にしたdeepなアプローチ(ドゥルパド)と器楽や装飾技法を駆使してよりエンターテイメント性を持たせたのがkhyalといったのがわかりやすいかも。あるいは前者パカワジ、後者タブラってのがさらに端的かも。

kailashは、実は吉田こうきとサイトウ尚登のコンビ名だったり(あったんですねぇ)もしますが、札幌に近頃オープンしたカレー屋さんの屋号でもあり、由来はシヴァの住むヒマラヤの山の名称だったりします。
よろしくどうじょ。

投稿: | 2005/09/16 03:01

 こうきさん
 くわしい解説をいただき、
ありがとうございます。感謝。
 ところで
今日、お誕生日では?
おめでとうございます。(^_^)
 

投稿: 空樹砂波 | 2005/09/19 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134179/5774566

この記事へのトラックバック一覧です: カタック+シタール+タブラ ライブ告知:

« アルゼンチンアリ | トップページ | ライブ情報追加です。(岡崎) »