« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/29

ごみだす

はたちくらいのとき、ごみの唄をつくった事がある・・

いや、当時は反社会的なパンクな気分で書いたのだけど、まぁ、今にして思えばゴミの唄だ。
僕は相当なお菓子好きだが、確か、キットカットが、紙の包装の中にパラフィン紙があって銀紙剥いてやっと出てくる、コンビニで買うとさらにビニール袋に入れられる・・そんな唄だ。2番はいっこずつ個包装してあるエリーゼについてだったように思う・・

ゴミなんですよ。お菓子は食べたいけど、ゴミはだしたくない・・あぁこの葛藤・・

数年前から容器包装ゴミって分別するようになりましたね(名古屋方面)。
これが、謎なんです。どこまでリサイクルされてるんでしょう・・
役場のHPにも書いてないし・・どういった再利用がなされるのか公示するべきと思うのだが・・

役場から配られてるガイダンスはほんとに簡単なもので、分別に迷う事が多々ある。野菜の入ってる袋には、紙の値札が貼ってある。とりあえずはがす・・きれいに剥がれない・・迷う・・
ボールペンも芯以外はプラスチックだから、気持ち的にリサイクルして欲しい、入れちゃっていいのかな・・迷う・・
こないだプリンタ捨てるとき、これもプラスチックじゃん、と悩んだ。でも流石にこれは燃えないゴミで出した。インクカートリッジは電器屋の回収箱に入れた。

ずっと前、ゴミ博士の話を聞いたとき、今はまだプラスチックを石油に戻す技術はないけど、いつか必要になる筈だから、プラスチックは分別してどこかに保管しておくのがせめてもの努力だと、伺った。
なので、カップ麺の容器とか洗ってから捨てようと思った。プラスチック包装には生ものが付着してる事が多々ある、そのまま捨てたら、溜めておく場所が相当臭くなるだろうな。結局燃やされてしまってるかもしれない・・!

なにしろゴミは悩ましい・・
貧乏性を発揮して出さないようにしてるつもりでも、相当出てしまう・・
しかも捨てるとき快感だったりする。
生ゴミ処理機が欲しい。なくとも、水気を十分絞ってから出したいとこだ。・・ってちょっと待てよ。うちの界隈は下水がないので、生活排水が川に流れてると思われる。
こないだテレビでみそ汁一杯、川に流したら大変な影響を環境に与えると言っていた・・・しぼれない・・・悩ましい・・
でもしぼらないと人間が造り出す、最高の猛毒、ダイオキシンを増やすような気がする。

生活が便利になったというけれど、こうしてパソコン叩いているけれど、その行為に対する環境への対価は個々で決してあがなっていないと思われる。
何かが犠牲になって、我々は電気を使っている。
安いからと言って、ものを買う、その遠い連鎖には、貴重な有資源がいとも簡単に消滅していっている。誰もその対価は払っていない・・
何かを犠牲にしてるから安いのだ・・

スーパーにはマイバック。コンビニで箸やストローは絶対もらいません。牛乳パックは古紙へ。外食しても紙ナプキン使わず、トイレで手を洗います。エアコンは精神的に参る直前まで使いません・・
微々たる努力なんですが、僕個人が消費しているエネルギーの補填には到底及ばないかもしれませんが、極力守りたい事です。

そうは言っても、コンビニなどでぼけーっとしてて、後で気づくとストローや箸を入れられてしまってる事もよくあって、うちには大量にそれらがストックされてます・・これ、回収してくれるとこどっかないかなぁ・・

子供の時は、僕一人がんばっても環境の悪化は免れないし・・割り箸ははぶ材だから大丈夫なんて思ってた。

十数年前、中国の辺境を旅しているとき、旅の相棒のかずちゃんが、言った。
「100%できなくてもそれは仕方ない、でも何もやらないのと、できる事からやっていくのとは全然違うよ・・」

その日から、割り箸だらけの中国で、僕はマイ箸を使うようになった。マイ箸ケースも自作した。サメの歯を縫いつけてかっこよくしたよ。
持って出るのを忘れるときもあったけど、その気持ちは忘れないようにしようと思ったもんだ。

で、そんな木の大切さを教えてくれたかずちゃんは、今大工をしている。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/06/23

ジーコジャパン

終わりましたぁ・・・

負けちゃいましたね・・・

最後の中村のコメントが印象的。

”これまで、ある程度期待に応えて来れたと思うけど、ジーコ監督になって最後の大会でいいプレイができなかったのが残念です・・・”

って・・・

比較するには、規模が違いすぎるかもしれませんけど、そうゆう事は僕らの音楽の世界でもあるので、なんかこう、がんばって来たはずなのに、報われなかった悔しさみたいなものが、ひしひしと伝わって来ました。

悔しい・・悔しい

最近、小ずるくなって、無難に舞台をこなせるようになっちゃって、こうゆう感覚をしばし忘れてた気がしますが、、

いつも悔しいと思って死にもの狂いだった初心に戻って、僕もがんばろう、と、サッカーの感想を書くつもりが、自分の話になっちまいました・・・

納得いく内容ではなかったジーコジャパンのW杯でしたが、こんな前向きな気分にさせてくれた事にありがとう。お疲れさまと言いたい。

眠い・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/06/19

FWが・・

どーにもこーにも・・
あ゛~

他の国がうらやましいよ、ちゃんと仕事してる。

日本vsクロアチア戦の後の、ブラジルvsオーストラリアだって、アドリアーノとってるじゃん、交代で入ったフレッドもとった。ロナウドだって点こそとれなかったけど、凡ミスはなかったよ。オーストラリアのアロイージにキューウェル・・いい仕事っぷり・・負けたけど。

こないだのアルゼンチンはすごかった、先発クレスポから、交代のテベス、メッシ・・・うひょ~なんて素敵な仕事ぶり・・・コートジボアールのドログバもいい選手だったなぁ・・・ふぅ~

・・・・あぁ、また頭かかえてました。

加地がせっかくいいカバーしても、俊輔が個人技で切り抜けたって、川口が押さえたって、中田が走っても、稲本がいいカットしたって、FWさんたち・・・

正念場で凡ミスするあなた・・
交代で投入されたのに足が止まってるあなた・・

まぁ・・最悪の結果は免れた事は、なによりです。

次戦、ブラジル相手にジーコジャパンのFWの健闘が観たい。

・・そんな訳で、名古屋に戻りました。ただいま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/15

東京・神奈川・千葉・・よかです。

7日に名古屋を出てからというもの、もう、もりもりもりもりだくさんに充実した日々を過ごさせて戴きましてございます。

毎日、様々な人と出逢い、再会し、夜にはサッカー観戦に忙しく、今日はようやく、実家にてぼけーーーーーーーっと過ごす時間を得た次第です。

今行われている筈のサウジvsチュニジア戦が、どの地上波チャンネルでもやっていないので、こうして親父の部屋に忍び込み、ネットなどしてる訳ですが、何から書いたものか・・

まぁ、そのうち、ぽつぽつと報告書こうかなと・・・

どの演奏も盛況で印象深い、よきライブでした。
お越し下さいました皆様、ありがとうございます◎
関係者の皆様、お疲れ様です。そして感謝。

12日夜(日本vsオーストラリア戦後)だけは真っ暗な気分でしたけど・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/06

とーきょう

千葉のベッドタウンで育った僕は、ライブとか、スタジオとか、遊びにいくとなるといつも東京でした。大学は神奈川でしたけど、多摩川越えてすぐだったので、ほとんど東京。千葉の前は練馬に住んでいました。

旅ばっかしてたせいで、駅の券売機で切符が買えなくなった自分に気づき、24のときに北海道に拠点を移し、その後音楽の為に名古屋に腰を据え、すっかり名古屋の丁度いい街かげんに心地よさを感じているこの頃なんですが、たまに実家に戻ると、空気がね、なんかこう、知ってるよこれ、って感じるです。やはり育った場所はね、馴染んでる感じがしますよ、体が…

明日から一週間ほど、戻ります。

koki info.のライブ情報、てんでupしとりませんが、

7日朝、バンドのメンバーと東名突っ走って、上野で演奏。ホテル付きのお仕事なので、酒が飲める。

9日、町田公民館にてカタックの伴奏とミニライブ。気安いメンバーで酒が飲める。

10日、平塚にて、フルート、ギターの方々とミニライブに参加させて頂く。バーなので酒が飲める。

11日、豊島公会堂にて、タブラのディネッシュジーとご一緒させて頂く。僕はハルモニウムでラハラをやらせて頂きます。終わったらディネッシュと飲もうっと。

12日深夜、日本vsオーストラリア戦を見ながら酒が飲める。

・・・って、そんなに飲めないんですけどね、ワタクシ。

その後は、もうかなり大きくなった甥っ子に会うべく、実家でうだうだしながら、飲む。

関東方面の方、お会いできたら嬉しいです☆
お時間ある方はメールでも下さい。飲みましょう◎、ってそんなに飲めないんです、ほんと。好きなんですけど…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/06/01

先週末のライブ、

モーニングセット、ボロン、クミンとで臨んだスペースジーでのライブでしたが、無事成功裡に終了いたしました~。

お越し下さいました皆様、ありがとう。

たくさんの方にお越し頂き、たくさんの感想を頂きました。糧とさせて頂きます♪

ひと演奏ごとに、全く違う空気があります…

この日の古典演奏は、いささか駆け足気味でした(持ち時間関係で)。でも、ちゃきちゃきと展開する古典は、わかりやすいという声もあったりで・・

それぞれのユニットが、普段ソロでステージをやるときは、また違う空気なワケですけど、今回のライブは、それをシャッフルしつつ、メンバーそれぞれが持ち味をいかんなく発揮していたと思います。そういった意味で貴重で、良きステージでした。

水の灯さん、とんちゃん、ひぐっつぁん、えみこさんも、ご尽力感謝です。

楽しかったなぁ…

また、やりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »