« 週末の演奏5本、その2-ゴパルジーとの共演 | トップページ | 埼玉のエローラ石窟を模したホール »

2006/11/25

怒濤のシタール4本ライブ。

皆さん、寒いですね。いやですよ、ほんと寒くなっていく感じは・・
少々苦手な11月下旬なこの頃です。
柿のうまい季節です。初みかんもおいしかったです。

あ、それはそれとして、久々の更新ですが、告知です☆

************

2006.12.3名古屋
「初霜の饗宴」

木村倫朗(シタール)
佐野敏幸(シタール)
吉田こうき(シタール)
ヨシダダイキチ(シタール)
小室武史(タブラ)
都築弘(タブラ)

@遊庵
名古屋市千種区内山1-7-6
(地下鉄東山線今池駅一番出口より徒歩5分)

開場15:00/開演15:30
ご予約¥2500/当日¥3000

※ご予約はこちらまで是非。

◆中部屈指のインド音楽奏者たちが、AlayaVijanaなどで活動するシタール奏者ヨシダダイキチを迎えた、新しい展開の公演が、この冬実現します。
スタイル、個性の違いを越え、インド古典音楽という共通のことばを用いた、78本の弦と4つの太鼓、6つの個性から繰り広げられる、音の交歓のステージ、是非ともご覧下さい。

********************

|

« 週末の演奏5本、その2-ゴパルジーとの共演 | トップページ | 埼玉のエローラ石窟を模したホール »

>>シタールライブ情報」カテゴリの記事

コメント

名古屋なんですね…・

投稿: miyabi | 2006/11/25 10:55

ワーワーキャバートヘー!
みちくんに、皆さんにナマステと言ってください。

投稿: Shen | 2006/11/25 11:38

来年 愛知県から亡命予定のまるです

北海道から「札幌で暮らせばいいから こっちおいで」と…(寒いから無理…腰痛いし…)
広島から「しばらく家で面倒見てあげるから」と…(あんたらの夫婦ゲンカ見るのは勘弁…)
東京から「仕事だったら こっちもあるよ」と…(ちょっと静かにしてほしいんだよね…)
愛媛から「お姉さん モテるからすぐに嫁に行けるよ!」と…(ぇ?私には選ぶ権利無し?)

さて…どこに行こうかな…

投稿: まる | 2006/11/26 19:15

☆miyabiさん

名古屋もいいですよ♪たまにはmiyabiさんの素晴らしいカタック、披露しにいらして下さいね。今週、来週と、関東にも行きます。

☆shenさん

そんな、演奏前からキャーバート頂いてしまっていいのでしょうか? さすが、主奏者を乗らせるタブラ奏者shenですね。
4人で弾くBhairaviなんて相当未知の世界です・・
ナマステ、言っておきました◎


☆まるさん

インドなんてどうでしょう(笑?
せっかくですし(何がせっかくなんだか・・)
ほんとに亡命されちゃうんでしょうか?それかまた宝くじでしょうか?
なんかかっこいいなぁ・・
是非亡命前には、せっかくですし、一度インド音楽のライブにお越し下さいませ♪

投稿: こ | 2006/11/28 02:20

あらー、なんだかすごそうね。仕事が無事終わっていたら行きたいわー!
とんちゃんもこうきくんのシタール聞きたいと言っているのよ。
Shazia嬢はいらっしゃるのかしら?まりもちゃーん行く?この間の金子さんの出演するG行けなかったのよ。先約があって。ああ、シタール4本なんてすごいわね。ヤスミン連れてける?急に喋りだしたりするからやばいかも…

投稿: changmi | 2006/12/01 04:48

今回はいけそうにありません。
残念っす。

投稿: sumiko | 2006/12/01 22:42

Changmiちゃん

いってきたよ~
すごかった!!!

って、こーきさんの掲示板で個人的なメッセージ。
すいません、こーきさん。

投稿: まりも | 2006/12/04 11:11

サーバーメンテの為、レス遅、すみませぬ・・

☆changmiちゃん

急にしゃべり出す、やすみんとのセッションしたかったなぁ・・次回は、やすみんソロパートつくって、見事なティンタールターンを期待してまする。
僕も先日の哲さんライブ、逃してしまいました。行くつもりだったのが、チケット手配のトラブルで予定が狂わされて、参りましたよ。

☆sumikoさん

良きライブでした◎
お会いできずに残念っす。毎回名古屋に来て貰うのもあれなんで、今度豊橋にも行くっす。

☆まりもさん

お越し頂き、ありがとうございました!
客席中央で、ゆったり聴いているまりもさんをみつけて、なんか、いいんだこれで、大丈夫なんだ!、と、勇気づけられる思いでしたよ(笑。
こんな板でよろしければ、私書箱的使い方、大歓迎でございますです◎

投稿: こ | 2006/12/07 15:27

こんばんは。
皆さんそれぞれに人柄が感じられる演奏で、すごく楽しかったです。
私はインド音楽の仕組みをよく理解してないので、感覚で聴いちゃってますが
わくわくしました。
演奏後の楽器は、静かにざわざわしているようです。

投稿: 鈴木 千鶴 | 2006/12/07 20:22

☆鈴木さん

はりゃ~・・聴いちゃいましたね、あのざわざわ・・あれがきこえる方は、遅かれ早かれインド音楽にどっぷりんこなハズです。いやほんと。
おそろのショール、の方ですよね?(違ってましたらすみません)。大事に使おうっと。
聴きに来てくれて感謝☆です。

投稿: こ | 2006/12/08 03:00

そう、そうです。
きれいなやわらかショール、ラッキーでした!
先に新品取っちゃってすいません( _ _ )
もっとどっプリンになったら、今とは違う聴き方で楽しめるんでしょうね。
勉強します。

投稿: 鈴木チ | 2006/12/11 21:57

☆鈴木チさん

ね、あれね、ラッキーでしたよね。一番いいの貰っちゃった感です。昨夜の演奏待機の時に早速使ってました。
お噂では、間もなくインドでは?
僕も1/1にインド入りっす◎
お互いどっプリンしてきまそう。

投稿: こ | 2006/12/14 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134179/12813242

この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤のシタール4本ライブ。:

» シタール [楽器の園]
シタールシタールは、北インド発祥の弦楽器。民族楽器の一つ。シタールという言葉の語源はペルシア語のセタール(三弦)とされている。伝統的なシタールは19弦で、棹は長さが約90cmで約20個の金属製のフレットが結びつけられている。フレットの上には約7本の金属製の演奏弦が張られており、左手の指で弦を押さえミ...... [続きを読む]

受信: 2006/12/15 15:29

« 週末の演奏5本、その2-ゴパルジーとの共演 | トップページ | 埼玉のエローラ石窟を模したホール »