« 追想記その2 ボーカルレッスン | トップページ | 追想記ムクラ 得たモノ »

2007/03/29

追想記その3 いっぱい観た

観すぎると、おなかいっぱいになって、純粋に音楽が自分に入ってこないのは、もう何度も経験しててわかってたつもりだけど、やっぱり観ずにはいられない・・・インドのアーティストの演奏の数々・・・

ひとりずつ名前を挙げて、感想を書いても意味がないので、よします。

感想はひとりひとりのものですし。

確かな事は、どんな奏者のどんな演奏であれ、学ぶ事があった、ってことです。

嫌いな奏者とか、いないんです。皆それぞれの音楽人生に思いを馳せずにはいられない。それぞれの努力とひたむきさ、音楽を愛する心に感じ入ることしきりでした。

そりゃ、中には、どうかなぁ、と思うステージもあるんですが、その人の音楽との係わり、境遇が音に表れている限り、やはり興味が沸いてくる。

師や自分と違うスタイルのシタール奏者、または同じスタイルのシタール奏者、今回なぜか観る機会の多かった幾多のサロード奏者、やはりダイレクトにラーガが伝わってくるボーカルの大御所たち、他にも、バンスリ、サントゥール、バイオリン、ギター、サーランギ・・・そして、それらをサポートする、それぞれ個性豊かなタブラ、パカワジ、ハルモニウム・・・

ああ・・・お腹いっぱい・・

Image131i

でも・・おかわり・・

ラーガで言えば、50こくらい観たと思う・・
奏者は、40人くらいかなぁ・・いや、もっとかも・・・

自分の演奏技量、知識、感性、足りない事を思い知らされる事もままあるのですが、それだけに、目指す至高があるというのは、なんというか嬉しい事です。

今自分が歩んでいる道の先に、同じ道を歩んだ人達がいる。
実際には、道のりはひとそれぞれ違ったりするんだろうけど、目指すものは、案外近いところなのかも。

Image182i

そんな事を考えながら、終演後、道ばたでチャイをすすってました。

音に携わる人の数だけ音楽があります・・

その何れにも敬意を表したい。

|

« 追想記その2 ボーカルレッスン | トップページ | 追想記ムクラ 得たモノ »

インドの話」カテゴリの記事

コメント

ほんと、日々勉強です。
そろそろ桜前線がニュースに登場する季節ですね。
みんな帰国ですね。
僕も終に、4月2日に帰国です!

投稿: | 2007/03/30 12:49

ま くん

おかえり!一年以上のインド滞在お疲れさまでした。きっとガタムのみならず、いろんな収穫あったと思います。早速、近いうち一緒にやりましょ、うん。

投稿: こ | 2007/04/02 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134179/14444583

この記事へのトラックバック一覧です: 追想記その3 いっぱい観た:

» エレキギター初心者が上達する近道 [興味津々]
ここ数年、『オヤジバンドブーム到来』なんて言われてますね。 70年代にエレキギターを弾いてた人達の多くが、 再びエレキギターを弾きだした訳なんですけど、 私の知り合いにもそういう方がいます。 元気があっていいですよね。 いくつになっても人生楽しんでる感じです。 でも今って意外な事に、年をとってからエレキギターを始めたという 初心者の方も多いんですよ。... [続きを読む]

受信: 2007/03/29 09:00

« 追想記その2 ボーカルレッスン | トップページ | 追想記ムクラ 得たモノ »