« 勤行各々 | トップページ | 天竺神楽 »

2011/04/09

避難所記

4/2渋谷「SOURI」の為、東京に来て、皆やはり深刻な様子にみえる。
今回の震災をより身近に感じているよう。名古屋とは意識が違って愕然とした。

こう余震があったり、水の放射能や、スーパーの牛乳や葉物野菜が空になってる日常では当然だろう。こうも意識が違うんだな。

コンサートは、各パフォーマンスすばらしく、参加できて光栄に感じるものでした。
ご覧頂いた方、関係者の皆さまありがとうございます。
個々の寄付も含め、JapanPlatformへ10万円程寄付することができたそうです。


で、その後、身内の避難している会津の避難所に行って参りました。
行きは常磐道で行きましたが、車こそ少ないものの、福島に入った後も、教習車が居たり、道路の補修とは別に道路脇の植木を刈っていたり、そんなところに、福島の人たちの強さを感じたりしていました。

避難所に着き、色々話を聞きました。
身内の家は大熊町、原子炉から1kmなので、当然、車も家財道具も取りに行くことすら許されていません。祖母は補聴器を置いてきてしまったようで、不便していました。そして置いてきてしまった6匹の猫と繋いだままの犬のことをしきりに気にしています。
3日ほどで戻れるものと思っていたようで、何しろ身一つの状態だったようです。

それでも、やむにやまれずこっそり戻る方もいるようで、戻ったら今度は出してもらえなくなる、といった噂まであるようです。

食べ物や寝る場所は、整ってきているものの、避難所近くには店もなく、車もないので何しろ日常生活とは言い難く、不便なままのようです。タオルひとつもいちいち買わないといけない訳ですからね。
現状や放射能への不安だとか、そういう話があまりないのが、意外でした。
「しょうがねえっぺ」って。強いな。余震もありましたが、さほどコメントなし・・
東京の人の方が不安がっている気がします。
現状よりも、今後どうしていくか、が一番重くのしかかってきているようです。
うちの場合、まず住むところ。

思うのは、今すぐ何かをしたい気持ちも尊いですが、やはり長期的な支援と、風評に惑わされずに、確実に復興への助けになる経済の循環が僕らに求められている事かと。

話は違いますが、祖父は、戦役の話をしてくれました。
僕の認識とは、違う部分がかなりあり、意識が改まりました。
知っておかないと、聞いておかないといけないこと、たくさんあるんだよね。

そんな状況とは裏腹に、僕も6歳まで過ごした、会津若松の街、磐梯山は神々しく美しかったです。

Dcf_0014_4

Dcf_0012i Dcf_0013i_2

|

« 勤行各々 | トップページ | 天竺神楽 »

>>福島」カテゴリの記事

コメント

ごくろうさまです!
こーきさんの避難所記、転載したいんですけど
ダメですか?

投稿: 鳴門のショウです | 2011/04/09 12:14

〒ショウさん

これはこれは、ジインズのショウさん!コメントありがとうございます。
こんな駄文、さほどお役にも立たないかと思いますが、それでもよろしければ是非どうぞ。適当にはしょって下さっても構いませんです。、

投稿: ◆こ | 2011/04/09 12:59

私も祖父からシベリア抑留の時代の話、少しだけ聞いた。悲惨だった。

職業軍人でスパイだった雅楽の先生もよく当時の話をしていた。こっちはあまり悲惨じゃなかった。職業軍人と徴兵された一般人では待遇が違うし、シベリアと南国では状況も全然違っていたの。

チカリの弦が切れてしまいました。代えたのですがペグが緩くてすぐに緩んでしまうので、思いっきり押し込んだらまた切れてしまいました。
ペグが緩いのと、やっぱりあの支える棒が壊れちゃったからか、このシタールのチカリ弦をCかDにするのはとても難しいと思うの。
でチカリ弦なくなっちゃったの。
なんか代わりの棒を作ろうかと思ったんだけど、穴が埋まってる部分が取れないから、ただ表面に貼り付けるだけじゃ弱いと思って。

投稿: SHAZIA | 2011/04/09 18:27

磐梯山!私にもご縁のある場所です。

今回の日記、URL付きで転載させて頂いてよいでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: しのしの。 | 2011/04/09 20:34

おつかれさまでした。
長期的な支援、今すぐにでも被災地に行きたい気持ちでいっぱいでしたが、自分にできること、よく考えて見ます。
今、ウブドにいるのですが、たくさんのお店で復興支援の募金箱が設置されていました。
明日はチャリティーコンサートが開かれるそうです。

投稿: かな | 2011/04/09 20:43

〒SHAZIAさま

> 職業軍人でスパイだった雅楽の先生

なんだかすごい経歴ですね。

> チカリ

ガイド(支柱)がない状態でDにするのは無理だよ。穴をあけるのは、さほど難しくないけど、代わりのガイドをつくるのが意外とアレだねぇ。昔、竹割り箸で試したら、縦に割れた。当たり前だった・・
戻ったらガイド探してみる。


〒しのしの。さま

しのしのが僕と縁深いのも、おはらしょうすけさんの仕業だったのですね。
転載ありがとう。ふぐすまloveでお願いします。


〒かなちゃん

なんとウブドゥ!いいなあ。アレですか、新婚旅行ですか。新婚でもないか。僕が行ったのは、かれこれ20年前くらいになっちゃってます。インドネシアも環太平洋的に色々あるから、共感してもらえるのでしょうね。
今回は個人ボランティア不要論みたいのもありましたが、決してそんなこともないと聞いています。人手があればやれることはあるんだよね。ただ、それ以外にも僕らにできることもある、という考えです。

投稿: ◆こ | 2011/04/10 08:18

今度みんなで、朝寝朝酒朝湯しましょうか?(笑
ふぐすまlove&地球loveでございます。

こちらの日記に、今回の内容を写真と共に転載させて頂きました。
どうもありがとうございます。
確認してみて、もし何かありましたら、すぐ教えてくださいね☆

投稿: しのしの。 | 2011/04/12 02:25

こうきさん ふくしまが ご実家だったこと いま ブログで知りました ふくしまのご家族 仲間がはやく 心とからだが休まり 希望を感じられますように こころよりお祈りいたします  大変ななかイベントしてくださり ありがとうございます  明後日どうぞよろしくです

投稿: みほみほ | 2011/04/21 23:54

〒しのしの。さま

>今度みんなで、朝寝朝酒朝湯・・

オレ、きっと最強ですよww

〒みほみほさま

初コメ、ありがとっす。いつもお世話になってます。
ああ、勘違いさせてしまってすみません。僕は産まれは福島ですが、住んでたのは6歳までで、それ以降は関東育ちです。福島にいるのは、祖父祖母はじめ親戚たちですね。暖かい言葉ありがとうございます。

投稿: ◆こ | 2011/04/28 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134179/51339765

この記事へのトラックバック一覧です: 避難所記:

« 勤行各々 | トップページ | 天竺神楽 »