« 2011年4月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/06/22

満員御礼

昔からそうなんですが、文化祭だとか、カイロからアスマラに移動した直後だとか、何か”テンション上げんべー”ってなった後、必ず体壊したり、呆けてしまったりしてしまいがちなんだよね。

体こそ壊してませんが、twitterでお礼つぶやいただけで、今回も呆けておりました。うん!

改めまして、

2011.6.17(金)名古屋「天竺神楽vol.4  ~LOVEふぐすま~」

ご協力頂きました方、ご来場頂きました方、激しく感謝!!

チャリティイベントとしての務めとして、ご報告。
皆様からのチケット代から経費を差し引いた額+フリマの売上で、8万円となりました。
うち半分を、具体的な支援方法を民間レベルで迅速に実行されている、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」へ寄付、残り半分を、僕自身が福島の被災地へと直接届ける予定でおります。
ご支援頂きました方には、何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。

嬉しいご感想を多く頂いております。

今回の主旨として、プロバガンダとか思想を主張する訳ではなく、冷静に現実を見つめ、それぞれが何かを感じとって貰う。その為に、

・純粋な音楽・舞踊
・それを彩るキャンドル
・現実を伝える講演
・別の義援金の形であるフリマ
・愛すべき福島の生産品(ゆべし大好評!)
・避難所の写真展示
・これから支援活動へ出発される方の送り出し

といったアイコンをちりばめてみました。
スタッフなどを含め120人程の方になんらかの機会を提供できたのではないかと感じております。
楽しんで支援ができれば、それが一番かと思います。

今後も続けて参りますので、またご協力頂けましたら、この上なく嬉しく思います。

チャリティーの観点から、出演者にビデオ公開の了承を頂きました。
こうゆうライブもあって皆が意識を共有しているって、東北やふぐすまの方に知って貰えたらよいなあ。


Love Fugsma Charity Live at Nagoya vol.3 collaboration

冗長になっちゃうので、残り2つはリンクにて。
Love Fugsma Charity Live at Nagoya vol.1 Odissi
Love Fugsma Charity Live at Nagoya vol.2 mitsu

O0700046411303615102_2

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/03

火を消す順番揉めてたらもっと燃えるよね。

昨夜は恐竜の背中を自転車で駆け上がる夢をみましたよ。
「おお、これはきっとブロンドサウルスだ~。と思いつつ、首のあたりまで一気に来たら、トリケラトプスでしてね。こう、首の後ろに、巨大なねずみ返しみたいなの、ついてるじゃあないですか、ええ、そりゃあもう、あなた、びっくりですよ。
正倉院を狙ってたねずみの気持ちが分かりましたよ。

あぁ、なんかいつものノリで、つい書いてしまいますね。

ええっと・・・

結構話題にもなってたので、観た方もいらっしゃるかと思いますが、

2011/5/15のNHK教育で放送された、ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図 ~福島原発事故から2か月~」この番組、かなり衝撃的でした。




いつか削除されるかもしれません。upしてくださった方に感謝。とNHKさんごめん。

観た直後に、その衝撃と陰鬱を書こうかとも思ったのですが、なんというか、危機感をあおる事だけが、事態回復の術ではない気がしてしまって、迷ってました。

・流れてくる報道だけでは知る由もなかった、想像以上の深刻さ。
・国の施策を待っていては、どうにもならない事態。
・同様に国の発表の信憑性のなさ。
・危険を顧みず、自ら調査に赴き、データをとる科学者たち。
・犬、猫、馬、ニワトリたちと、それに縁深き人々。
・大地を奪われた農家の方々。

考えさせられました。

かといって、みんな知っておけー。というものでもないとも思うのですよ。
言葉を選ばずに書くと、国全体が危機感にあおられて、萎縮してしまっては、かえって足かせにもなりかねない。
対岸の火事でもない状況を伝えている訳ですが、逆に対岸の火事と思っていれば、殖産、消費が、むしろどこ吹く風で回ったりしてさ。

でも、できるだけ事実を見据えつつ、顔で笑って、心で泣いて・・
そうあるべきだと思っています。

僕もよく行く、某国の某都市の土壌はヒ素含有率が非常に高く、飲用水にも多く含まれているそうです。それでもそこに住まう人々はそれを神の采配と、享受しつつも暮らしているのだと思います。
それと今回の天災から起こった人災めいた事態は比べられないとは思いますが、痛み分けの気持ちなくして、きっと何も始まらない。




今週の僕のRSSリーダーには、政局のNEWSばかりです。
心からどうでもいい。

菅さんを降ろして、誰がこの事態を劇的に良い方向に持っていけるのか。
そんな暇はないでしょうに。やるべきことは他にあるでしょうに。
http://news.livedoor.com/article/detail/5604163/
こうゆうのとか、早くやろうよ。
20ミリシーベルトとか、はやく直そうよ。

ちょっと前、孫正義がTwitterで、菅さんをねぎらってたことがあった。
野心や、打算があろうとなかろうと、結果が求められている今、皆にこきおろされるより、少し褒めた方が、むしろがんばっちゃって、良い結果が出るんじゃね。って気がして、よい策にも思えた。
民主の面々には、たとえリーダーに才なしでも、それを降ろす事よりも、王佐の才を担って先に進めて頂きたい。と節に思う。


そんなガラじゃないと分かってますし、このブログで政局の話なんかすると思ってませんでしたが、少々書いてしまいました。
読まれた方すみません。危機感をあおるものではないです。

痛み分け。
心は痛めつつも、笑顔で。

繰り返しますが、そんな気持ち。

トリケラトプスの巨大なえりがあろうと、きっと僕らは手を携えて乗り越えて行けます。

そんな訳で手を携えるべく、明日もレインボーラベンダーさん主催のチャリティイベントにてちょこっと演奏して参ります。6/17と同じvioにて18:00から弾きます。

 

放射線・原発・震災関連情報まとめ
http://www.ne.jp/asahi/asame/shinbun/shinsaimatome.html

++++++++++++++++++++++

■6/17名古屋「天竺神楽vol.4 ~LOVEふぐすま~」

110617fugsmaa

 吉田こうき(シタール)
 宮下節雄(サントゥール)
 佐藤幸恵(オディッシーダンス)
 カネコテツヤ(パカワジ)
 サイトウ尚登(タブラ)
 Landscape Music Design(アンビエント LIVE/DJ)
 原美保(ボーカル)
 みつ(ギター)
 鶴田ナオキ(講演)
 vio(ふぐすまカフェ)
 チャリティーフリマ
 .....and more

【主催】NIMBAS ARTS http://nimbas.info









| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年11月 »