« LOVEふぐすまレポート その2 | トップページ | LOVEふぐすまレポート その4 »

2014/03/27

LOVEふぐすまレポート その3

Dcf_0042i Dcf_0047

3/22、福島市にある焼却炉「あぶくまクリーンセンター」に行って参りました。
福島各地の学校などで除染が行われているのは皆さんご存知かと思います。その際に出た大量の放射性廃棄物をどうしているかご存知でしょうか。
原発の近くに運んでおいてる?それがいわゆる中間貯蔵施設ですが、これも実はいつか帰宅を願う被災者の間では懸念を呼んでおり、場所の決定すらあまり進んでいません。
それでも、日々大量の除染ゴミが溜まっていくわけで、火急の問題なわけです。水だけじゃあないのよね。

”そんじゃあとっとと燃やしちまえ”という事で福島各地で建設が進んでいるのが、仮設焼却炉です。気になったのでちょっと見てきました。

写真は福島市渡利地区にある施設です。手前は市民の憩いのお風呂、温水プールです。子供たちがスタンプカードぶら下げて通ってきてるね~、阿武隈川のほとりにあり、白鳥さん達がぴろぴろ泳いでいてなごむねぇ~、いいねぇ~
煙突あるねぇ~、煙でるよねぇ~、施設から川になんかじゃんじゃん流してるねぇ~・・・・はっΣ(゚Д゚|||)
2013.9月にこの場所で放射線計測されている方の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=Kpz_hZ-sNG8

翌日、2013.8月に爆発事故を起こした鮫川町の焼却施設にも行って参りました。
当然中には入れませんが、村周囲に置かれたいくつもの放射線測定機が、なにか却って白々しい雰囲気を作っています。そういえば、上記あぶくまクリーンセンターの周囲も、芝生が丸はげにされ、木の皮が無残に削がれ、徹底的に除染が行われていました。なんか隠したいの?

自分は不安を煽るような記事はあまり好きではないです。ジャーナリストでも、専門家でもありません。
なので、これも書いておきたい。
市民の訴えに対し、施設側は”事故時に降下したもの”、”施設の放射線除去率は99%”と説明しています。
上記動画などで計測される空間線量はμSv/hで、年間の基準値20mSvなどでみる値とは別のもの。という事も知っておかないといけません。

だから安心かっていうと、そのエリアに住まう人達にとっては全く違います。
上記動画を上げた方や、この問題に取り組む福島連絡会の方たちは、切実な思いで、可能な限り情報を収集、精査されています。
我々はせめて、今福島で何が行われているのか関心を持って知っておくべき。
何故かといえば、それは明日の我々の姿だから。

お台場雪祭りで、わざわざ汚染調査重点地域の福島県柳津町の雪を運び込んだのは何故なのでしょう。私はわかりません。
震災がれきを全国にばら撒いたのは何故なんでしょう。私は分かりません。
我々の食べる魚は、どこを泳いできたのでしょう。私は把握しきれてないです。

でも少なくとも対岸の火事ではないようだ。という事は能天気な自分にも分かってきました。
分かんないし考えるのやめとこ。と、分かんないけどこうゆう声があるんだな。ちょっとの意識だけで、これは大きな違いだと思います。

不安は抱かないで。現世の想いはまやかしです。同時に慾に溺れてもきりがありません。
バランスをとること、僕らはできるよね。

※参考
【焼却:下水汚泥・除染廃棄物・放射能汚染物】 「放射性汚染物を市民の生活圏で焼却処理をするという、世界でも例のない試み」福島原発告訴団
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3595.html

鮫川村焼却施設問題
http://1st.geocities.jp/nomorefukushima_2011/samegawa/html

汚染状況重点調査地域の福島県柳津町から雪を運ぶ「お台場雪まつり」日本の現実に凍りつく
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/9ffdaef79b5080c5e5f5b3eb71e3934a


LOVEふぐすまレポート その1

LOVEふぐすまレポート その2

LOVEふぐすまレポート その4

|

« LOVEふぐすまレポート その2 | トップページ | LOVEふぐすまレポート その4 »

>>福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134179/59365882

この記事へのトラックバック一覧です: LOVEふぐすまレポート その3:

« LOVEふぐすまレポート その2 | トップページ | LOVEふぐすまレポート その4 »