« 11/22天竺神楽vol.7 その2 | トップページ | 音の波の話その1 »

2014/11/20

11/22天竺神楽vol.7 その3

11/22天竺神楽vol.7

いつも誤解に直面する。好意のつもりがそう受け取られない。
私がいいと思うもの、皆がいいと思うわけではない。
自分に厳しくて必死なのが、人を攻撃していると勘違いされる。

そんな事が頭によぎりながら毎日練習して、何故か裏腹に音が綺麗になっていくのがわかる。
どうしてかはわからないけど、それが自分にとってのインド古典。
他の音楽も大好きで色々やってるけど、明らかに違う。
音だけが自分だし、それ聴いて貰えたらもう充分だよね。

RagaBhairavi弾きます。
自分には持て余すような意味深いragaですし、時間帯も違うのですが、何故かそれ以外浮かばない。

そんなこんなな私の演目で伴奏してくれるのは、京都から松本こうすけさん。
彼と一緒にやる時、とても気持ちよく奏でられます。
本人が意識してそうしてくれてるのか、はたまたなんも考えてなくて天性のものなのか深い謎なんですが、なにしろ演奏前後を含め、心地よい。
今インドで自分が思うベストプレイヤーの一人である、シュバンカルベナルジー氏のお弟子さんでもあります。

そして少しだけ、今年4回行った福島について話させて頂きたいと思っています。
主観は交えず、観た事、聞いた事。親戚やたくさん出会った温かい人たちの事を聞いて貰いたい。

一年ぶりのこうきプロデュースライブ、最高なメンバーです。
是非おいで下さい。
http://www.yoshidakoki.com/2014/11/22/20141122/

141122tenjiku7_ol Photo

|

« 11/22天竺神楽vol.7 その2 | トップページ | 音の波の話その1 »

>>シタールライブ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134179/60681497

この記事へのトラックバック一覧です: 11/22天竺神楽vol.7 その3:

« 11/22天竺神楽vol.7 その2 | トップページ | 音の波の話その1 »