« PA@森林公園 | トップページ | 親来瀬 »

2014/11/10

11/22天竺神楽vol7

141122tenjiku7_ol
毎回ご好評頂いてます”てんじくかぐら”も7回目です。
vol.6のカタックも最高でした。
純粋に良き音、舞、空間をみんなにお伝えできれば・・
これもまた天へと繋がる道。
きっとみんなも持ってると思うけど。
共有できたら心から嬉しいです。

今回は名古屋の誇るエキゾチックユニット、サンダルフォンさんと、京都より松本こうすけさんの出演です。

++++++

2014.11.22名古屋「天竺神楽vol.7」
   
    【演】
    吉田こうき×松本こうすけ(インド古典音楽)
    サンダルフォン
   
    【場】スペースジー
     名古屋市千種区田代本通2-8
     (地下鉄東山線覚王山駅4番出口より徒歩5分)
    【時】18:00開場 19:00開演
    【費】ご予約¥2500 / 当日¥3000
    【問】080-3647-5306(吉田) / taal9@i.softbank.jp(丸山)
   
   
    ◆吉田こうき(シタール)
    '93年よりバラナシにてP.M.Chatterjeeにシタールを学ぶ。'97年よりマイハール流派屈指の後継者、アミット・ロイに師事、研鑽を積む。愛・地球博、興正寺五重塔建立二百年祭、COP10など、文化的・国際的なイベントに数多く出演。その数は毎年100本近くに渡る。'07年インド・コルカタにおける日印交流記念式典に出演、近年ではタイ・バングラデシュでの公演を成功に収めている。インド古典音楽を主軸に、多岐に渡るレコーディングやセッションワーク、バンドに参加。JaganathRecords主宰、舞踊家やヨガのための楽曲提供も行う。
   
    ◆松本こうすけ(タブラ)
    インド滞在中にインドクラシック(インド古典音楽)と打楽器タブラに魅了され、2004年よりバラナシにてKishor Mishraに師事し以後通い続ける。のちにカルカッタにてSubhankar Banerjeeの演奏に感銘を受け、2008年から師事する。日本ではU-zhaanから指導を受けつつ、インド音楽を中心に演奏活動をしている。京都 府綾部市在住。
   
    ◆サンダルフォン
    フラメンコを基調とし、インド、アラブ、アメリカ大陸、伝統、コンテンポラリーなど自由に行き来しながら醸し出す、どこか暖かな世界。
    大地から起ちあがる透明なTAROの歌、どこまでも無垢なEijiのギターと、天の言葉を紡ぐkaoruのボーカル、パーカッション。そして光のダンサーorihaの踊りは、すべてひとつとなり、天と地、過去と未来、宇宙を縦横無尽に駆け巡る。

|

« PA@森林公園 | トップページ | 親来瀬 »

>>シタールライブ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134179/60626913

この記事へのトラックバック一覧です: 11/22天竺神楽vol7:

« PA@森林公園 | トップページ | 親来瀬 »