« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/02/25

2/11tokuzo ギター弾けて嬉しかった。

2/11名古屋tokuzo

10959550_1559891910920802_846728956
10997462_1559892080920785_417403742



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aslam khan Nat Bhairav

Aslam khan Nat Bhairavのビデオ。
純粋に正しいピッチは美しく心に響きます。
同時に巨匠はここまで正確に音を操るのか・・orz
って視覚的に分かってすごく勉強になる動画です。
ここの埋め込みでは見られませんが、リンク先で見られるようです。

ムルキー(複数の音を使った装飾)、アンダラン(ビブラートとは違う音のゆらぎ)の使い方・・
ラインには出ずとも錯覚的に聞こえてくる正しい音。

昨年の合宿で師から皆で教わったNat Bhairav。
復習しつつ、一昨日のTokuzoライブまで弾いてたcharukeshiとの弾き分けを練習、勉強しています。

意図的に外した音楽も大好きなんだけど、”外す”って概念はまず正しさあってのもの。

https://vimeo.com/51503179

01_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/14

2/15定例練習会@瀬戸forどなたでも

いろいろあるけど練習しよう。にんげんだもの。

インド音楽定例練習会、今月は15日です。

ご参加下さる方はメッセよろひくです。

sarega@nifty.com

Riyazmasters_a42

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/03

2/11名古屋 ~今夜もひとり夜雁~

10425403_1546491005594226_439770018

~今夜もひとり夜雁~ひとり語り 平松千恵子 公演 
    ゲスト 吉田こうき(シタール)

【日時】2月11日(水祝)18:00開場 19:00開演
    【場所】今池Tokuzo
     
名古屋市千種区今池1丁目6−8
     http://www.tokuzo.com/

    【チケット】前売り2,800円 当日3,300円
            チケットぴあコード250-793
          ローソンチケットLコード43879
    【お問い合わせ】Tokuzo   
052-733-3709
        平松携帯  090-8733-8477
        吉田E-mail sarega@nifty.com

++++++++++

 

久しぶりのtokuzo、平松千恵子さんの語りに音を添えさせて頂きます。

シタールのalap独奏もありますが、総合的な音担当ということで、色々と奏でさせて頂きます。弦楽器とキカイですけどね。

自分的各パラメータ、maxにしないと臨めないものの、自分を試すかのような緊張感があり、心身が奮起しています。
よい伴奏ができるといいな。

たいぶ予約埋まってきているものの、まだ大丈夫だそうです。

言の葉と音の色で紡ぐ、千夜一夜や日本の口演です。
是非お楽しみ下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーがぷりせっと

10922798_775651559185896_7680248177

新規導入。うひー!

仕事とは別に、
すげーRagaもプリセットしてあるー!って喜んでたのもつかの間、
結局自分でcent指定しなきゃいけないんか。意味ないじゃん。
ほんとうにありがとうございました。

そも、Ragaはこうゆう概念で生きる音楽でもないのだ。

Sa,Re,Gaの方がⅠ、Ⅱ、Ⅲより直感的に分かるから、他のジャンルで使うけどねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

capitalism

資本主義の原点は、
ピューリタニズム、カルヴァン派といった銀行家たちが作ったものだが、過度な金儲けを禁じたカソリックなどの教えにそもそも反する事でもあるので、富の再分配を理念としていた。
大儲けした者は、何らかの形で還元する事を是としていた。

というような事を、最近学びました。

今じゃこんな有様で、そんな出発点だったなんて想像もしてなくて、独りでウケた。


Newsweek引用
>つまり、それ以外の80%の人々は世界の富の5・5%という小さなパイを奪い合っていることになる。

超リッチ層の富の独占が止まらない!

http://www.newsweekjapan.jp/…/business/2015/01/post-3522.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »