« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016/05/31

5/29圓福寺得度式・演奏会 了

5/29圓福寺得度式。宮地さん、とても晴れやかな好いお顔をされていました。
小島住職の訓戒も素晴らしく、いたく感動しました。
仏門に入る事、そんな生き方もまた自然な事と思う。

13319855_1032770196807363_8886730_313312848_1032770256807357_1814348_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/27

5/27隠れ家ライブ、5/29圓福寺得度式・演奏会

サミット規制・検問、雨、しおさんiphone紛失、自分携帯不調、連絡手段のない難易度高い中、ほとんど勘頼りで回収してきました。

さて、今週末はこの2本。

本日は、平松千恵子さんの語りに音を添えます。
先週から数曲作曲、情景に沿って、いろんな仕掛けを考えながらの準備は自分なりのこだわり満載なのですが、それを感じさせない事が至上と考えています。
ホームコンサート的なライブです。多くの方に千恵子さんの世界を味わってほしいです。

日曜日は、岡崎圓福寺さんで、これまた興味深いイベントです。
仏門に入る女性の剃髪式式典に音を添えさせて頂き、その後コンサートになります。
人生の大きな節目に奏でさせて頂く事、光栄に思います。

どちらも自分の時間も頂いているものの、音を使った演出に、深く取り組んでいます。いろんな作品から学びつつ、楽しい作業でもあります。

+++++++

◆5月27日(金)名古屋 第24回隠れ家ライヴ

9/1Tokuzoプレライヴ「アラビアン・ナイト」
1/18Tokuzoライヴの続きを、一足早く隠れ家で聞いていただきます。
9/1には、ダラブッカも参戦しますが、今回は、いつもの隠れ家バージョン…語りとシタールでお送りいたします。

語り・三味線…平松千恵子
シタール・三味線…吉田こうき

【時】18:30開場 19:00開演演
【於】名古屋市中区錦3丁目13−5 中央マンションビル612号室
【木戸銭】2,500円
【問】sarega@nifty.com

◆5月29日(日)岡崎 圓福寺得度式・演奏会

吉田こうき / シタール
石田紫織 / タブラ

【於】圓福寺 岡崎市 岩津町壇ノ上85
【時】16:00~
【費】3000円(カレー付)
【問】0564-45-2142(圓福寺)

13315504_1030201707064212_54969354813256074_1030201767064206_191767778

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/15

5/14碧南 哲学たいけん村無我苑 了

五月晴れ。清らかな庭園。
お抹茶。和菓子。お弁当。
おいしゅうございました。

みなさん唄って下さりありがとございました。
助かりました(笑。


13179399_748162095325288_8668517559
13173840_1046782885402020_21616775913177639_1557351151232718_608550809


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/12

5/14碧南 哲学たいけん村無我苑

今週末14日は碧南市無我苑にてインド古典演奏。

1部は完売のようですが、2部は若干残席あるようです。

・・などと書くと、なんだか自分が凄そうな気がしてしまいますが、決してそんなんではなくて、企画の趣旨と施設の活動の賜物ですw

とはいえ、こういった公共施設で多くやらせて頂いておりますが、毎回大盛況で、皆さまのインド音楽への関心の高さと、日本人にも通じる文化の深みを感じます。しっかり努めようと思うのです。

10拍子などのインド古典と、ドゥーンとして、月をテーマに日本曲~インド曲メドレーでやりたいと思っています。

哲学をコンセプトにした会場でのインド古典、よきひとときになると思います。お近くの方は是非。

哲学たいけん村無我苑
http://www.city.hekinan.aichi.jp/MUGAEN/H28harunokonsato.htm

Kensyuudouzyouniwa1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/10

雨が続きますね。

13220580_1019910644759985_497529977

雨が続きますね。
家の周りのつつじが落ちてきています。
しおりさん、早くしないとなくなるよ、これ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/07

明日の関市の行き方検索してたら

明日の関市の行き方検索してたらフライヤーがあった。

至って普通なアー写なんでしょうが、いたたまれなく申し訳ない気持ちになるのは何故なんだろう(笑。

シタール奏者はこんなさわやかじゃないですが、共演のお二人は昔からの尊敬する、素晴らしい奏者です。

二胡、筝、シタール、のアジア三弦奏。美しいです。
それぞれ素晴らしい楽器だな、と改めて思えます。
このユニットで学校とか回りたい。

http://seki-akindo.com/event/652

13102652_1018130734937976_197347586

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »